半導体工業について

半導体工業のことを学ぶ

半導体工業の工場は国内で健在

半導体工業は今や中国・台湾が主流のように思われていますが、まだまだ日本国内でも頑張っている企業は沢山あります。例えばルネサスエレクトロニクス社です。こちらは三菱・日立・NECのそれぞれの半導体事業を統合して生まれた会社ですが、長く経営不振に喘いでいました。東日本大震災では主力の工場が被災し、大損害を出しました。しかし、長期にわたったリストラにようやくメドがつき、いよいよ反転攻勢に入ろうとしています。元々自動車関連のマイコンでは世界トップのシェアを誇る企業です。工業分野としてはまだまだこれからも伸びていく産業です。

半導体関連の仕事には何があるか

半導体工業の求人では、研究職、営業職など様々あります。アルバイトやパートの仕事で多いのは営業職で、勤め先の会社の製品を開発企業に売り込こむのが仕事です。普通に募集がかかるような仕事であれば、アセンリブという末端ラインで半導体を組み立てる仕事があります。剣先にかけたり、その機会を監視する仕事になります。大学などであれば工業物理研究のような仕事もありますが、よくある仕事としては生産ラインの一部を担当するというものが多いです。黙々と細かい仕事をするのが好きな人であれば、製造ラインでの仕事は適しているでしょう。

↑PAGE TOP