先進技術と半導体

先進技術と半導体について

半導体の生産の推移と工業の関連

半導体の生産は工業の発展と密接な関係を持っています。日本では古くから製造業が非常に盛んで、多くの製品を工場で製造していました。過去には大規模な工場があちこちにあり、様々な製品を製造していました。この製品を製造する上で重要なものがICやLSIであり、これを国内で調達することでより効率の良い製品の製造が可能となっていたのです。しかし、日本が経済的に成熟し、人件費を¥が高騰する中で多くの企業が安い労働力を求め海外に工場を写し、結果として国内の製品の製造は衰退していきました。根このため、ICやLSIの製造も落ち込んでいきました。このように、工業の発展と半導体の生産は密接な関係にあります。

先進技術に支えられる半導体

工業においてもっとも繊細さが求められるのが半導体の分野です。ミクロのずれも許されず、また、目に見えないほどのゴミが付着しても、品質が大きく劣化してしまうので、細心の注意が必要となるのです。こうした際に使われているのが、クリーンルームの技術です。これは人が持ち込む汚れのみならず、空気中に漂う物質までを、フィルターなどを通して徹底的に管理することで、極めて清浄な空間を実現する技術です。こうした工業における先進的な試みが、半導体という技術の最前線を支えるものを生み出しています。技術の発展とは、多くの積み重ねによって成り立っているのです。

↑PAGE TOP