半導体のシェアのこと

半導体のシェアが増えている

工業の発展と半導体のシェア

工業の発展と半導体のシェアには密接な関係が有ります。日本が高度成長を進めていたころには、ICやLSIといった電子部品の開発も非常に活発で、国内で多くのICやLSIが開発されていました。また海外で開発されたICやLSIを安くするために開発をしたり、これらの部品を集積化したゲートアレイといった物も積極的に開発され、家電産業や自動車産業の発展に大きく寄与したと言われています。現在は日本ではICやLSIの開発は一時期に比べると行っている企業は非常に少なくなり、殆どの部品は海外の物が使用されるようになりました。そのため日本の工業の発展もそのころに比べて衰退しており、他の半導体のシェアが高い国の発展が目覚ましくなっているのが現状です。

工業の中での半導体産業

都市生活の必需品である最新のテクノロジーを用いた電子機器には、半導体と呼ばれる物質が大きな役割を持っています。この物質は、電気を通す金属とゴムなどに代表される絶縁体の中間の抵抗率が特徴です。工業分野でも勢いのある産業として、半導体産業の中での生産は使う目的の電子機器に合わせて、それぞれが専門的に細分化される傾向にあります。研究や開発はアメリカや日本などの先進国で行われ、実際の生産は先進国に加えアジアなどでも活発です。日本の工業の中では、LEDなどのアナログとコンピューターなどに使用されるデジタルに分類できます。

↑PAGE TOP