半導体メーカのこと

半導体メーカの進捗のこと

工業では半導体メーカーの進捗

工業のには多くのジャンルがあります。半導体産業も、工業界の中ではかなりのシェアを占めていて、日本でも少なからぬメーカーが参入しています。電子部品である半導体を生産して、それを販売する構造になっている産業なのです。1995年のWindows95の発売によって天井を打った観がありましたが、その後も、世界的規模で順調に右肩上がりの成長を示しています。2008年のリーマン・ショックを契機に若干の低下を見たものの、その後は実績を倍増させています。米国やヨーロッパ、日本で設計が行われ、生産については、アジア地域で受け持っていることも頻繁に見られます。

私たちの生活を快適にする半導体

半導体は、私たちの生活を支えている多くの電化製品・工業製品や、交通・通信などの社会インフラに必要不可欠な存在です。例えば、エアコンを快適な温度で運転させたり自動車の安全性を高めるためのセンサーや先端医療のレーザー治療など、さまざまな分野の機器を制御する上で重要な役割を果たしています。また、その技術の進歩は、各種システムの効率化・小型化・省エネ化を促しました。これにより、私たちの生活は安全で快適なものとなるだけでなく、地球環境の負荷軽減にもつながると考えられています。半導体の進歩は、日本の工業力を高め、私たちの生活に潤いを与え、豊かな未来の創造につながるとも言われています。

↑PAGE TOP